新陳代謝とは|美肌・アンチエイジングに大切

汗と新陳代謝の関係

汗と新陳代謝の関係

汗をかくと新陳代謝が上がると言われています。体の中や皮膚の下にある毛根などに溜まった老廃物を押し流す効果があるからです。実際に発汗を多くすると、肌が綺麗になることを実感できる場合が多いので、新陳代謝が上がると考えて間違いないでしょう。

 

たくさんの汗がかけて、新陳代謝を上げられる運動はホットヨガになります。動きは激しくないので、誰でもできる運動です。運動不足で見た目の老化が気になる人は試してみると良いでしょう。

 

新陳代謝と汗の関係

 

肌が新陳代謝していくのに、汗をかくということも必要であり、汗は体の体温調節をする上においても、欠かせないこととなります。

 

肌の内部には、表皮や真皮の下に、皮下組織があるように、肌サイクルを順調に行い、新陳代謝をするためには、それぞれ細胞が働いている状態です。肌が、順調に新陳代謝をするために必要な一環として、汗をかくといった状態が発生します。

 

気温の状態によって、体が変化していきますので、多少の出方が違います。

 

汗の役割とは!?

 

汗の最も重要な役割は体温調節です。発汗による体温調整は人間にしか備わっていません。
理由は人間の脳は熱に弱く、40度以上の熱が数十分続くと意識障害を起こしてしまいます。
よって脳を熱から守るために、汗をかいて、体内の熱を速やかに放出し、体温を下げているのです。
また、微量の老廃物も含んでいるので、毛穴の汚れを排出し、健康的な肌を保ちます。
新陳代謝も高まるので、体の細胞の入れ替わりを促進する役割もあります。

 

新陳代謝と汗の役割

 

きちんと新陳代謝が行われていると、汗をかきます。それは体温調節の役割を果たすために、血行が良くなって体からでた熱を体外に汗をかくことで逃がしているからです。

 

代謝が悪いと体が冷えるためこの役割を果たすことができません。汗で出せなかった老廃物が溜まるとむくみを感じたり、肌荒れを起こしたりしてしまいます。

 

日ごろから体を動かしたり、入浴などでゆっくりと体を温めるなどして新陳代謝を高めることで、血行を良くし老廃物を排出できます。